名張毒ぶどう酒事件とは
1961年3月28日に三重県・名張市で、地域の会合でぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡、多数が重軽傷となった事件です。
当初、三角関係のもつれなどとして、奥西勝さんが犯人として自白を強要されましたが、その後一貫して無実を訴え、一審の津地裁では無罪判決、控訴審の名古屋高裁で逆転死刑、1972年に最高裁で死刑が確定しました。
以来、「私はやっていない」と無罪を主張し、日本弁護士会のえん罪委員会で支援事件となり、日本国民救援会も第5次再審請求以来、えん罪事件として支援をおこなっています
第7次再審請求でついに2005年4月5日に名古屋高裁刑事第1部で「再審開始決定」が出されましたが、不当にも名古屋高等検察庁によって「異議申し立て」がおこなわれ、2006年12月26日に、名古屋高等裁判所刑事2部の門野博裁判長が、「再審請求棄却」の不当決定がおこないました。
2007年1月4日には、弁護団による特別抗告がおこなわれ、2010年4月5日に最高裁が「破棄」「差戻し」を命じ、現在、名古屋高裁刑事2部において、「差戻し異議審」がおこなわれましたが、2012年5月25日、下山保男裁判長は不当にも「再審開始決定を取り消す」決定をおこないました。5月30日に「特別抗告」をおこない、現在最高裁で審理がおこなわれています。












 名張事件定例宣伝行動
名張毒ぶどう酒事件「再審」を勝ち取るために、15年前から定例宣伝行動をおこなっており、昨年末で174回を数えました。
 市民に事件のチラシなどを渡し、「再審開始」への最高裁、拘置所あての署名を集めます。
毎月28日の正午〜午後1時 大須観音西側入り口にておこないます。
  (事件が起きたのが1961年3月28日のため、毎月28日を宣伝日としています)
ぜひともご参加ください.
                      Googleマップ


   





















  名張毒ぶどう酒事件要請行動
  名張毒ぶどう酒事件全国ネットワークの要請行動をおこないます。






  ○要請行動        Googleマップ
   6月15日(金)  
     11:00 最高裁判所要請行動
     13:00 最高検要請行動
     14:00 法務省矯正局要請行動








  ○要請行動        Googleマップ
   7月13日(金) 最高裁統一要請行動
      8:15 早朝宣伝行動  最高裁西門
     10:00 民事事件要請行動
     11:00 刑事事件要請行動


名張毒ぶどう酒事件