きょうは名張毒ぶどう酒事件の、通算155回目の大須観音定例宣伝行動です。はじめからどんどん署名してくれます
きょうは34.3℃と猛烈な暑さ。いつもに比べても人通りが少ないようです
「かわいそうだね。助けてあげてください」と和服の女性が署名してくれました
次々に署名が寄せられていきます
「この間、テレビでやっていましたね」と協力してくれました
「名張事件は発生から半世紀近くが経とうとしています。無実の死刑囚を何としても救ってほしい」と訴える、田中哲夫愛知守る会事務局次長
「奥西勝さんは35歳のときに逮捕され、現在84歳となりました。いまも名古屋拘置所の中で救出を待っています」
若い女性が次々に署名してくれます
「特別抗告審で最高裁は、自ら判断することなく、名古屋高裁への差し戻しを粉いました。ここまで有罪が立証できていないなら、再審を言い渡すべきではなかったでしょうか」と稲生昌三副会長
「わたし達はこの事件を通じて、日本の司法のあり方を変えていく必要がると考えて活動をしています」
署名の列は途切れることがありませんでした
途中で合流した、奥西さんとの面会人で奈良県の奥谷さんも訴えました
今回は13名参加で102筆を集めることができました
きょうは名張毒ぶどう酒事件の全国活動者会議がおこなわれました。会議に先立って、全国からの参加者と一緒に名古屋駅前で宣伝行動をおこないました
若い女性が連れ立って、次々に署名してくれました
机を出しのぼりも立てて宣伝をおこなうと、向こうから署名してくれます
「名張毒ぶどう酒事件は富山でも結構知られています」と、富山県本部の瘧師さん。多くのみなさんがマイクを握り訴えました
宣伝行動には35名が参加し、40分ほどで100筆を集めることができました
全国活動者会議は、名張事件全国ネットと国民救援会の共催で開催されます。会議に先立って、NHK作製のクローズアップ現代を視聴しました
「最高裁に名古屋高裁へ差し戻されました。改めて闘いの意思統一が必要です」と主催者あいさつをおこなう、名張事件全国ネットの赤瀬川さん
「本来でいけば最高裁が自判すべきでした。これ以上の検察の先延ばしを許さずがんばりましょう」と主催者あいさつをおこなう稲生副会長
はじめに平松清志弁護団事務局長が、最高裁の決定と名古屋高裁に差し戻されてからの三者協議の内容について、弁護団報告をおこないました
今回の会議はCBC、朝日新聞、共同通信社などの取材を受けました
「最高裁は『異議審決定を取り消さなければ著しく正義に反する』と決定を出しました。とくに毒物問題で審理不十分という判断でした」
会場には16都道府県、56名が参加しました
「7月20日にまでに検察官は意見書を出してきます。その内容で差し戻し異議審の方向が決まるでしょう。8月30日には2回目の三者協議をおこないます」
「最高裁決定には補足意見がついており、実際には無罪といえるのではないか」「いつごろまでに決着がつくのか」などの質問が出されました
「4月に最高裁決定がだされ、緊急の宣伝、集会を成功させ、名古屋高裁宛の差し戻し異議審署名も、昨日までに11462筆を提出しました」と報告と活動提案をおこなう、田中哲夫全国ネット事務局次長
「署名を積み上げ、高裁、高検を包囲すること、毎月の要請行動の成功と、41年目の死刑判決日にあたる9月10日に大規模な行動に取り組みます」
参加の各都道府県から報告、発言をいただきました。「昨年、稲生さんに来てもらって取り組みの重要性が伝わり奮闘しているところです」と、北海道の藤根さん
「仙台筋弛緩冤罪事件の支援が全国に広がっています。名張事件も宣伝をおこないました」と、宮城の熊谷さん
「うちから一番近い足利事件は再審無罪を勝ち取った。次に近い布川事件も再審に。次は名張の番です」と群馬の兼松さん
「足利事件の菅家さんをよんで宣伝行動をやったら、女子高生は携帯で写真をとる、あっという間にビラははける。冤罪がこんなに注目されている時はない」と千葉の戸賀さん
「山手線の駅を順番にまわりながら署名を集めています」と東京の落合さん
「わたし自身、救援会の活動をやり始めたばかりですが、一生懸命勉強しながらがんばります」と、神奈川の関川さん
「うちから名古屋へくるのは2時間だが、長野市へは3時間以上かかる。できるだけ要請行動に参加したい」と、長野の滝下さん
「東海北陸はNHKが同じエリアなので、結構、名張の報道もおこなわれています。奥西さんを救い出すためにがんばりたい」と、富山の瘧師さん
「福井女子中学生殺人事件で奮闘している最中です。奥西さんも高齢なので、何とか救い出したい」と、福井の金子さん
「きょうも絵手紙支援の永冶さんたちと一緒に来ました。こんど6月19日に東海テレビが名張のドキュメンタリーを放映してくれることを広めています」と岐阜の奥住さん
「まさに地元では、この事件は厳しいものがありますが、可能な限り奮闘したい。お伊勢さんの宣伝も20年で定着してきた」と、三重の赤瀬川さん
「名張事件の準地元として、守る会を結成して奮闘してきた。署名などがんばりたい」と、奈良の生井さん
「独自の現地調査や名張市内での宣伝行動もおこなってきた。大いに奮闘したい」と、大阪の藪野さん
「近くなったので、毎月要請行動に参加したいと思っています。どんどん新しい人にも参加してもらいます」と、兵庫の大藤さん
「美作でがんばっています。岡山駅までは3時間かかるけど、岡山駅から名古屋は1時間半で近いんですね」と、岡山の倉地さん
「毎月の大須宣伝はもとより、宣伝行動をおこなえば、多くの人の共感を得られるような所まで、認知度が上がってきました」と、愛知の田中さん
「わたし自身きょう参加して、名張事件への認識を改めることができました。きょう意思統一したことを、地元へ持ち帰ってみんなに伝えてほしい」とまとめをおこなう、瑞慶覧淳国民救援会中央本部事務局長
最後にみんなで記念撮影をおこないました
きょうは「国公法弾圧堀越事件無罪判決報告集会」と「国公法弾圧を許さない愛知の会」の結成総会です。司会進行をつとめるのは全税関OBの大家信義さん
「堀越事件は東京高裁で無罪を勝ち取ったが、世田谷事件は同じ事件で有罪。2事件とも必ず最高裁で無罪を確定させましょう」と主催者あいさつをおこなう、稲生昌三救援会副会長
「2004年以来、事件解決のために奮闘し、愛知で守る会、東三河でも弾圧を許さない会をつくって奮闘してきた」と事件関係の報告をおこなう、全厚生OBの尾崎金三郎さん
今回は堀越事件弁護団から、東京合同法律事務所の泉澤章(いずみさわ・あきら)弁護士と、枝川充志(えだがわ・みつし)弁護士、お2人をお呼びしました
「堀越事件が発生して公判が始まりましたが、公安の事件ということで、公安警察を次々に法廷に引っ張り出し、学者証人も認めさせました」と泉澤弁護士
会場には65名のみなさんにお集まりいただきました
「1審では有罪、罰金10万円、執行猶予2円でした。控訴審でさらに主張をおこない、ついに東京高裁で無罪判決を勝ち取りました」
「わたしは控訴審の、学者証人の調書作成などを担当してきました。5月13日に出された、世田谷事件と堀越事件を比較すると、おかしさ、世田谷事件判決の異常さがよくわかります」
「いつまでも猿払判決をまかり通させてはならない。その決意で最高裁で大法廷で審理させ、無罪判決を確定させたい」
いよいよ堀越明男さんの登場です。「みなさんのお力でついに無罪を勝ち取ることができました。ありがとうございました。当たり前の事を認めさせる判決を勝ち取りたい」
「闘いの中で結婚することもできました。世田谷事件の宇治橋さんと力を合わせ頑張っていきますので、引き続いてのご支援をお願いします」
「1人でまいたら無罪だけど、みんなでまいたら有罪なの?」などの質問が会場から寄せられました
続いての国公法弾圧を許さない愛知の会結成総会に、竹崎義久県本部事務局長が、この間の経過と、活動方針、役員の提案をおこないました
選出された役員が前に並びあいさつします
「しばらく言論・弾圧事件から手を引いていましたが、きょうの話を聞いて、取り掛からねばと思いました」とあいさつする、新会長の渥美雅康弁護士
「国公の仲間が力を合わせることは大事なこと。しかし、これは国公だけの問題でなく、すべての国民に関わる、民主主義の取り組みだということを広げて勝利したい」と、全税関OBで副会長に選出された茶谷寛信さんが閉会あいさつをおこないました

6月3日
国公法弾圧堀越事件無罪判決報告集会
&国公法弾圧を許さない愛知の会結成総会


きょうは名張毒ぶどう酒事件の名古屋高裁、名古屋高検への要請行動がおこなわれました。群馬、東京、三重、大阪、兵庫などから参加
前回の要請行動以降、3週間で寄せられた6217筆の厚さ15cmを超える署名を名古屋高裁に提出し、「再審開始を一日も早く」「奥西さんの釈放を」と訴えました
名古屋高検には74団体の署名を提出
総勢17名がそれぞれに要請をおこないました
「証拠あさりのような事をやめて、異議申し立てを取り下げてほしい」「84歳となった奥西勝さんを釈放してください」と瑞慶覧淳国民救援会中央本部事務局長
「これまで検察は主張してこなかったことを出してきておりけしからん。ただちに再審公判に臨むべき」と、砂野道男名張事件全国ネット事務局長
「何回もこれまで要請に来ていますが、あなたたちはいつまでも証拠を隠している。それで死刑なんて国民が許しませんよ」と、兼松進国民救援会群馬県本部事務局長
「あなたたちは人の命を何だと思っているのか。これ以上人の命を弄ばないでください」と訴える、兵庫県本部のみなさん
「先日の3者協議で異議審でも、特別抗告審でも主張していないことを持ち出すなんてまったく許しがたい。奥西さんの釈放を求めます」と、稲生昌三副会長

6月11日
名張毒ぶどう酒事件
 名古屋高裁、名古屋高検要請行動

6月12日
名張毒ぶどう酒事件
 全国活動者会議

2009年 2010年
1月 7月 1月 7月
2月 8月 2月 8月
3月 9月 3月 9月
4月 10月 4月 10月
5月 11月 5月 11月
6月 12月 6月 12月
2009年 2010年
1月 7月 1月 7月
2月 8月 2月 8月
3月 9月 3月 9月
4月 10月 4月 10月
5月 11月 5月 11月
6月 12月 6月 12月

6月28日
名張毒ぶどう酒事件
 大須観音定例宣伝行動


取り組み紹介2010年6月