2009年 2010年
1月 7月 1月 7月
2月 8月 2月 8月
3月 9月 3月 9月
4月 10月 4月 10月
5月 11月 5月 11月
6月 12月 6月 12月

3月28日
名張毒ぶどう酒事件
 大須観音定例宣伝行動

きょうは事件発生49年目、通算152回目の大須観音定例宣伝行動がおこなわれました。名張事件全国現地調査と同時刻で、2正面作戦です。訴えるのは阪本貞一国民救援会県本部会長
「本当、ぜひやったってちょうよ」と気軽に声をかける山田忠善さん
暖かくいつもよりどんどん署名が集まる感じです
いつものように、若い女性が寄ってきてくれます
「もう奥西さん84歳だがね。こんなにも長く無実の人を苦しめていいと思っているのか」とゼッケンをつけて訴える、森下東治救援会県本部副会長
「いいですよ」「頑張ってください」と気軽に声をかけてくれます。やっぱり若い女性がたくさん
今回は18名参加で、150筆を集めることができました。最後に記念撮影
きょうは国公法弾圧堀越事件の控訴審での判決が、東京高裁で言い渡されます。早朝から宣伝行動などがおこなわれました
「1審のときは、有罪になったらどうしようなどと、余分なことを考えていたら、有罪になってしまいました。今回は無罪だけを信じています」と、判決前に決意を述べる堀越明男さん
弁護団とともに、法廷へ向かいます
法廷で「無罪」判決を受け、弁護団、支援者らとともに、東京高裁から出てくる堀越明男さん
「裁判所の言い分には、様々な問題点もあるが、事実認定の所でわたしたちの主張は認められてきた。画期的な判決といえる」と、石崎弁護団長
「みなさんのおかげで、無罪判決を勝ち取ることができました。本当にありがとうございました」と、お礼を述べる堀越明男さん
「無罪」の垂れ幕を持つのは、昨年、堀越さんと結婚された奥さん
夜には平和と労働会館で、報告集会がおこなわれました
「弁護団入廷するときは雨が降っていましたが、法廷が終了して、みなさんが出てくるときは晴れて暖かくなってきた。事件を象徴しているようだ」と、法廷の外の様子を報告する、深沢救援会東京都本部事務局長
報告集会には全国から130名が駆けつけました
「みなさんの奮闘で無罪を勝ち取っていただいた。本当にありがとうございました。今度は夏の参議院選挙で躍進する番です」と訴える、日本共産党小池晃参議院議員
小池参議院議員と、堀越明男さんがガッチリと握手
「今回の判決は国際標準ということで、国民の意識も変わっているし、国際人権規約を守らなければいけないというのもはっきりさせた」と報告する、鈴木亜英国民救援会中央本部会長
「残念ながらわたしの裁判では、無罪を勝ち取れなかった。しかし国際的な活動で、ビラまきの自由を守らせたい。堀越さん本当におめでとう」とあいさつする、葛飾ビラまき事件の荒川庸生さん
「わたしの裁判は5月13日(木)10時に判決が言い渡されます。わたしも無罪を勝ち取りたい。いよいよ面白くなってきました」と、世田谷国公法弾圧事件の宇治橋眞一さん
「これまで憲法を守るということで、頑張ってきた甲斐がありました。みなさん本当にありがとうございました」と堀越明男さん
2009年 2010年
1月 7月 1月 7月
2月 8月 2月 8月
3月 9月 3月 9月
4月 10月 4月 10月
5月 11月 5月 11月
6月 12月 6月 12月
きょうは三重県名張市内で、第28回名張毒ぶどう酒事件全国現地調査がおこなわれました。明日28日は、事件発生から49年目の日です
会場には足利から名張へバトンタッチの看板が掲げられました
はじめに地元を代表して、水野修治国民救援会三重県本部会長があいさつをおこないました
「昨年の現地調査で、これを最後の現地調査にしたいとあいさつしましたがかないませんでした。今回を奥西さんが参加しない、最後の現地調査にしたいと決意しています」
「今回の現地調査の目的は3つ。@検察官の主張批判、A弁護団の主張を学ぶ、B運動をどう構築するのか、です」とあいさつする、本藤修中央本部副会長
「今回こんなにも多くのみなさんにご参加いただき、こんなにうれしいことはない。必ず再審開始を勝ち取りましょう」とあいさつする、鈴木泉弁護団長
昨日26日に再審無罪が確定した、足利事件の菅家さんから、名張事件東京守る会の手を経て、鈴木泉団長に花束が贈られました
「奥西勝さんは、健康状態も、気合も充実しています。しかしすでに84歳です。必ず救い出しましょう」と奥西さんの近況報告をおこなう田中哲夫さん
87年に東海テレビが作製した、「証言」を視聴しました
「特別抗告から3年2か月。検察官は昨年10月に最高裁に促されて、反論書なるものを提出してきた。我々は今年1月末に意見書を提出したが、さらに再反論書を2月19日に出してきており、時間稼ぎをおこなっている」
これまでの弁護団の主張について、意見書全般について佐々木啓太弁護士、毒物問題については稲垣仁史弁護士(写真)が報告をおこないました
弁護団報告は、パワーポイントを使って、詳細にわかりやすくおこなわれました
弁護団紹介と、弁護団についての質問について、平松清志弁護団事務局長が進行しました
会場は明るい雰囲気に包まれ、笑いが絶えません
自白問題と10分間問題などについて説明する、伊藤和子弁護士
検察官の主張を批判する、佐々木啓太弁護士
「足利、布川に続いて、名張の再審を勝ち取り、再審への流れを大きく切り開こう」と、足利事件無罪判決と、布川事件について報告する桜井昌司さん
翌日の現地調査の進行について説明をおこなう、名張ネット事務局の長尾忠昭さん
「名張事件もここまでくることができた、残された事件さらに奮闘しよう」と夕食懇親会であいさつする、宇佐見大司名張ネット実行委員長
「いつも家族には迷惑かけています」と紹介された、鈴木泉弁護団長の奥さん・美穂さんもご挨拶
夕食懇親会では、ぶどう酒瓶の開栓実験もおこなわれました
うしろの方で立っているのは、紹介された愛知のみなさん
翌28日は49年目の事件発生日当日です。名張の桜はまだつぼみです
のどかな雰囲気は以前とまったく変わっていないようです
事件当時、地域の会の会長のお宅です。弁護団はいくつかのポイントに別れ、現地調査参加者らに説明をおこないます
ポイントではパネルを掲げて、会長宅にぶどう酒が運ばれたのは何時だったの可など説明されます
証言の変遷などについて報告する、森一恵弁護士
葛尾部落の入口で、現地への入り方についての注意と、見るべきポイントの説明がおこなわれます
ぶどう酒を購入した、林酒店跡付近で、説明を受ける参加者ら
会長宅から、奥西さんがぶどう酒を運んでいった階段です
公民館はすでに取り壊されており、現在はゲートボール場になっています
事件の慰霊碑には、地元の人、現地調査参加者らが献花をおこないました
10分間問題を、「誰がどこへ行ったのか」など説明する、山岡弁護士
公民館の跡地では、証拠物の発見され方のおかしさについて、佐々木啓太弁護士が説明
慰霊塔に献花する参加者ら
最後にまとめの集会がおこなわれました
多くの筆問・疑問が出され、弁護団の説明に熱心に耳を傾ける参加者ら。今回の現地調査には過去最高の、24都道府県、144名が参加しました
「きょう学んだことを、全国へ持ち帰り、大いに最高裁に要請をおこなおう」と閉会あいさつする宇佐見大司実行委員長
愛知の参加者らは、伊賀市にある奥西家の墓にお参りし、現地調査の成功と、再審への決意を報告しました
きょうは第63回全国解放運動無名戦士合葬追悼会が、東京・日本青年館と青山墓地で営まれます。愛知からは29名の遺族、スタッフが上京しました
車中からの富士山もなにかしら寂しげに映ります
合葬追悼会は中央合唱団のうたごえで幕を開けました
祭壇の中央に、今回合葬される1029名の名前を刻んだプレートと、その回りに遺影が掲げられました
プレートには合葬者氏名、死亡年月日、享年、略歴が記されています
鈴木亜英国民救援会中央本部会長が主催者あいさつをおこないます。「戦前からのたたかいを進めてこられた先人から、まだ若い未来ある青年まで、多くの方が志半ばで倒れました」
「わたしたちの平和、政治革新、人権を守る活動を、故人の業績からも発展されていかなければなりません」
続いて関係各団体の代表者によって、すべての合葬者の氏名が、一人ひとり読み上げられていきます
遺族の名前が読み上げられ、一覧を目で追っていく、愛知からの参加者のみなさん
中央合唱団による献歌「いのちのかぎり」が合唱されました。この歌は今回合葬される、林学さんの作曲によるものです
日本共産党などから、追悼の辞が述べられました
遺族を代表して、愛知の故・芝野一三さんの遺族で次男の民樹さんが、お礼の言葉を述べました。民樹さんの左ひじの所にある遺影が、故・芝野一三さんです
「おやじは大須事件の被告として、また地域では民医連の活動に力を注ぎました。多くの人に愛され、いままたこのような追悼会を開いていただき、感謝申し上げます」
愛知の故人の遺影は、この辺を中心に並べられています
「先人の遺志を継ぎ、新たなたたかいを、大きく進める時です」と閉会あいさつをおこなう、吉田きよ子国民救援会中央本部副会長
日本青年館の前で、愛知のみなさんの記念写真
約2キロの道のりを、故人を偲びつつ、葬送行進が行われました
青山墓地で、愛知、岐阜、三重の合同での記念撮影がおこなわれました
最後に、解放運動戦士墓に献花をおこないます
芝野さん、林さんの遺族も並んで献花しました
「女工哀史」の細井和喜蔵により寄贈された解放運動戦士墓は、現在、国民救援会が管理しています
献花の後に、5月9日におこなわれる、今年の愛知の合葬追悼会の案内や、いしずえ会へのご案内を話す、木村光子いしずえ会事務局長

3月18日
第63回全国
 解放運動無名戦士合葬追悼会


3月27日〜28日
第28回名張毒ぶどう酒事件
 全国現地調査

3月29日
国公法弾圧堀越事件
 控訴審判決言い渡し


取り組み紹介2010年3月